イオンモール豊川オープン「イオンモール東三河」として?

投稿日:2019年6月2日 更新日:






イオンモール豊川 = イオンモール東三河

営利目的の企業ならば野望は大きく、豊川市民のショッピング需要のみならず、
東三河全体の買い物客層を独占してしまえばいい。

その昔、徳川家康公は三河国を統一した時、東西に旗頭を置いて統治させた。

東三河衆は、吉田城の、酒井忠次。
西三河衆は、岡崎城の、石川数正。

イオンモール豊川オープン



現代もそのまんまじゃないか。

西はイオンモール岡崎が2000年からオープンしている。
東は、永らくイオンモールの城はなく砦レベルだったが、
2022年にようやくイオンモール豊川がオープン予定。
これで三河を東西で牛耳るイオンモール体制が整う。


東三河の人口77万人、西三河は人口157万人と随分差が出ている。
希望は大きくだったね、イオンモール豊川は東三河の統治だけではない。

なにしろ「イオンモール東三河」なのだから、東三河を代表して、
隣国・遠江国の引馬城(浜松市)の人口80万人を商圏視野に入れようではないか。



なにしろ、浜松最大のイオンモールであるイオンモール浜松志都呂は古く、2004年のオープン。
2番手のイオンモール浜松市野は2005年の開業。

10年1昔の現代では、新しいイオンモールに目新しいもの、企業としての投資が向くだろうから、
イオンモール豊川がオープンすれば、そこから10年は豊川の時代が来る。

イオンモール豊川、いや、「イオンモール東三河」は東三河の民衆の支持を受けて、
存在感を放つことができるかな。







Copyright© Memo , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.