直前割引の宿 事前予約が不可で、当日予約のみ受け付け可?

投稿日:2018年10月13日 更新日:




随分と思いきった当日宿を作ったもんだね。
事前予約不可、当日という直前予約のみ受け付けるホテル
予約ができないホテル=ラブホテルじゃないよ、予約者を前提としたちょいセレブのホテルだもん。
ただ、予約が当日しかできない宿っていうだけ。
その直前宿の特徴は、この「当日予約のみ可」というところにある。

何故こうなったのか、って、それは直前宿オーナーの、当日割引への不信から来ているんだ。
前々から当日割引のみを受け付けていたホテルじゃない。
普通に事前予約できたし、早期予約割引制度だってもうけていた。
色々な割引制度があって、その中から宿泊客が自分に合う割引商品を選択する形だったんだ。

直前割引宿

当時は、直前割引が爆発的に流行った時代。
宿泊業界では早期予約割引を導入して同業同士の体力争いとなっていたのに、
それに加えて直前割引の流行だから、
まるで普通の料金を払って泊まるお客さんがいなくなっていて、
全員が何かの割引を適用して泊まるのが当たり前になっていたんだ。
中でも、直前割引の悪用が際立っていた。

知恵をつけてしまった旅行者は、どうせあらかじめ予定が決まらないし、
早く申し込んでも宿泊直前でも同じように割引が得られるのだから、
といって、多くの旅行者が直前割引を使う傾向があったんだ。
そのホテルでも直前割引での宿泊者が約7割にもなって
なんだか普通に予約してくれてきている人たちが馬鹿馬鹿しい感じになってしまって、
直前宿のオーナーも「不公平感がある」と思うようになっていったんだ。

だからいっそ全部を当日割引にしてしまえば、公平になる。
料金もフラットになって、色々な企画にヒトとカネと時間を費やすこともない、
と思って、全部屋当日割引のみの宿っていうことにしたんだ。
それは良いことではないかもしれないね。
勝手な宿泊者の選択にヘソを曲げた、っていうか、でもその選択肢を与えたのは自分だから、
別に宿泊者が割引を多用しすぎたからって、悪いことじゃない。
当日宿は当日だけで。
他ホテルとの差別化、あとはそういう変わった制度がいい宣伝材料になって、
当日宿が流行ることになればよいのだけど。







Copyright© Memo , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.