鎌倉大仏の大きさ、鎌倉武士の美学は巨大さではなく?

投稿日:2018年10月13日 更新日:




鎌倉長谷の大仏が1252年頃にできたことと、奈良の大仏が752年頃にできたことの因果関係を空想せよ。
両者に流れる500年の差、奈良の大仏って本当に老舗なのねと改めて思わせてくれた。

1192年に鎌倉幕府が開かれ、現時の武士たちが鎌倉を新しい都とし始めてから60年後。
国力を内外に誇示するために、大きさを伴った鎌倉長谷の大仏が企画されたのだろう。
浄光という一僧侶だけが催したものとは思えない大きさなのだ。

11.39mが鎌倉長谷の大仏の像高で、奈良の大仏よりは5m近く背が低い。
顔つきが奈良の大仏と異なるのも気になるね。
鎌倉時代に流行していた、中国の宋の文化を取り入れたのが鎌倉長谷の大仏だと。

鎌倉武士の美学は巨大にすることだけではなかったのでしょう。
大きさは誰にも分かる普遍の価値観、しかし鎌倉長谷の大仏はそれに特化しなかった。

平面的な顔立ち、猫背、顔が大きい!など、平安貴族が好まない要素ばかり。
大きさだけに流されなかった鎌倉長谷の大仏は、分かりやすい一点集中がないため、
結果として奈良の大仏ほどのヒーローにはなりえなかったが、
お洒落な鎌倉文化が残る鎌倉・長谷の地で、大きく僕たちを迎えてくれる。

 

鎌倉の大仏大きさ

 

あの鎌倉の大仏の大きさを調べている?
猫背気味の鎌倉大仏の大きさでいいなら、おじさんが教えてあげるよ。
やけに頭も大きく見えるのが鎌倉大仏、これもまた当時の流行によるもの。

鎌倉時代に造られた鎌倉の大仏だけど、当時は中国の宋風の仏像が大流行り。
鎌倉の大仏様は外国人の顔つき!
当時、アジアで最も輝いていた中国・宋からの輸入物、それが鎌倉の大仏様の姿なんだ。
身長は11.3メートル、台座を含めれば高さは13.3メートル。
体重は121トン、ちなみに材質は青銅です。

ほら、眉間にでっぱりがあるだろう?
あれは白毫(ビャクゴウ)と呼ばれるもので、白毫から照らす光は、夜の海原を照らす灯台スポットライトのように、
愚かな人間たちの暮らしを照らしだし、人々に幸福を与えてくれるのだ。
さすがは大きさハンパない鎌倉の大仏様、常人とは違う身体的特徴・三十二相があって、
その徳が民衆にありがたい幸せを授けてくれている。

鎌倉の大仏の大きさは、いわば計り知れない仏様のありがたさ。
あの頬は造立当初には塗金に輝いていたのだとか。
ゴールドに覆われている鎌倉の大仏の大きさ、ありがたさをイメージして、
おじさんはいつも高徳院のご本尊・鎌倉の大仏様を拝んでいるよ。

 

鎌倉の大仏の大きさ







Copyright© Memo , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.