ららぽーと統合、付帯サービス統合で始まる三井不動産の攻勢

投稿日:2018年12月4日 更新日:




ギャグみたいな、誤字みたいな、誤検索みたいな「ららぽーと統合」。

「ららぽーと東郷」が欲しいのではないよ。
三井系列のショッピングで、付帯サービスを統合することから、その東郷統合は始まる。

ららぽーとだって、三井不動産商業マネジメントが展開している商業施設だ。
東海道沿いに、三井アウトレットパーク・ジャズドリーム、ららぽーと名古屋みなとアクルス、

ららぽーと東郷、ららぽーと磐田と、大物ショッピングモールが4つも並んだ。

 

 

ららぽーと統合

 

これらの経営統合だとか、商品統合を言いたいのではない、そんなの不可能だ。

もっと具体的なメリットはショッピングで貯まるポイントの統合や、

三井系列でメリットが貯まるクレジットカードを統合するということ。

三井アライアンスの名の下、まずは付帯的なサービスから入っていけばいい。

アウトレットもららぽーとも、それぞれ1つ1つが主役を張っていては、

集客や顧客満足度向上という意味ではライバルのイオンモールやユニーグループに追いつき追い越すスピードが心配だ。

ららぽーと東郷は、何を統合するの?

 







Copyright© Memo , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.