IKEA長久手 リニモと愛知万博の跡地駅に隣接してオープン

投稿日:2013年12月8日 更新日:




IKEAが長久手にオープンする、そのイメージ戦略に納得
東海地方で初めてのIKEA、名古屋市をちょっと外れた郊外に。
長久手と聞いて思い浮かべるのは、愛知万博の開催地だったことと、小牧長久手の戦いぐらい
愛知万博 ⇒ 世界中の人たちが集まった ⇒ 東海で馴染みのない外国企業がくるのも自然+楽しみ。
現代の長久手には、リニアモーターカー鉄道と万博跡地(愛・地球博記念公園)がある。
IKEA長久手 愛知万博

そのIKEA長久手の建設予定地を訪れたのは2013年12月上旬のこと。
公園西駅の前は、写真の通り、まだ何もない平地。
ただね、愛・地球博記念公園の象徴である大観覧車が見えているし、高架にリニモも見える。

IKEA長久手の完成予想図をイメージすれば、スウェーデンデザインのIKEA長久手、
万博の思い出がすぐそこに見えていて、エコ+近代的なリニモの駅から直結。
なんというか、愛知万博の再現というか、日常を離れた文化の香りがする。
それがIKEA長久手のイメージ戦略だとしたら。
2013年12月上旬の時点では工事着手どころか、予定地にある住宅の立ち退き準備すらまだ。

オープン予定は2016年だというIKEA長久手、お姿を見せるのは当面先のこと。
隣の隣の駅にイオンモール長久手ができるほうが先になるのかな。
2005年の愛知万博の記憶を抱いて、IKEA長久手のオープンを心待ちにしているのは僕だけじゃないはず。







Copyright© Memo , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.