アリオ日進 地下鉄鶴前線赤池駅そばのショッピングモール

投稿日:2013年11月8日 更新日:




日進赤池あたりは、夢と現実の境目にしか思えない。

ひとつは地下鉄の鶴舞線と、地上を走る名鉄豊田線の地上・地下の境目が赤池駅であること。
もうひとつはアリオ日進という新しいショッピングモールができることで、空気が変わること。

僕のように日進市から名古屋へ通勤しているサラリーマンにとって、赤池駅は特別。
外の光は赤池駅手前で消えて、黒い闇の中へと電車が飛んでいく。
逆に帰りは赤池駅がまぶしいよ、暗い宇宙から明るい現実世界へお帰りなさい、の意味だ。

アリオ日進 赤池駅

そんな境目ど真ん中にアリオ日進は居を構えている。
帰宅の電車でアリオ日進の灯りを目にするたび、なんとも言えぬ安堵感に包まれる
だからこの世のものとは思えない様相すらあるアリオ日進、あれは日進市民の明るい兆し。

週末に家族とアリオ日進を訪れる日は、なんだか妙というか、違和感も甚だしい。
平日の闇と光の境に、週末の平和さの中に突っ込んでいくなんて。
フシギではあれど、そのアリオ日進の幸せな雰囲気さえ、僕の器量で飲み込んで見せるさ。

アリオ日進ができることで夢と現実の境目がよりはっきり、くっきりしてきた。
夜の海を照らす灯台のよう、アリオ日進が僕を導いてくれる。







Copyright© Memo , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.