イオンモール京都桂川の「イオン神社」 初詣客へのお正月セール?

投稿日:2013年11月8日 更新日:




イオンモール京都桂川には「イオン神社」を。
とてつもないポテンシャル、お正月の初詣客をイオン京都桂川に呼び込もうとする狙い。
通常期でも京町屋コンセプトや古都イメージを前面に出すことで、
商圏を地元のみならず観光客にまで手を広げるイオン京都桂川は、集客力のかたまりみたいなもの。

ただその状況に留まらず、お正月の三が日に比類なきピークを迎えようとする壮大な計画はどうだ。
伏見稲荷への初詣客は三が日で約270万人、その一部でもイオン神社に来ることになったら?

数をイメージするなら、日本最大級のイオンモール幕張新都心のオープン時、3連休の来場者は約45万人。
だから伏見稲荷初詣客270万人の十分の一としても、イオン京都桂川にとっては突出したお客様の数だ。
イオン京都桂川 初詣

そもそもイオンと神社が結びつくイメージがないと思っている?
物欲のショッピングモールと神霊が鎮まる神社は、相反する存在なのでしょう。
宗教間の対立や社会との矛盾を受け流す日本人の広い心は、すでにショッピングモールにも神社をつくっていた。
お台場の「アクアシティお台場神社」や、川崎の「ラゾーナ出雲神社」など、カタカナ入りの神社があるんだ。

滋賀県草津市のイオンモール草津では2009年から「イオンモール神社」を企画している。
絵馬に願いを書き、各祈願コーナーに絵馬をかける光景は、普通の神社と変わりない。
そしてイオン京都桂川の挑戦は現実のものとなる。
有名神社からヘッドハンティングor移転してきた神様たちをイオン神社で活躍してもらう?

いいや、あの高名神社とコラボをして、○○神社イオン京都桂川分社を立ち上げる?
今年もイオン京都桂川への初詣客は三が日で○○万人を超え、大賑わいです
というお正月のニュースが風物詩になる日は近いのかもしれない。
格式が高く、規模も大きい神社にイオン神社になったとしたら?
初詣の楽しみ、同時にイオン京都桂川のショップがお正月セールを開いたとしたら?

相乗効果、初詣+お正月セールの合わせ技の前に、他の神社もお店も成す術がない。
こうして新しいお正月のスタンダード「イオン京都桂川で初詣」は若い人を中心に浸透していく。
初詣客をビジネスチャンス&宣伝活動と捉えたとき、こんなことが現実になるのだろうね。







Copyright© Memo , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.