レゴランド名古屋港 金城ふ頭に開業したモノづくり文化交流拠点

投稿日:2015年10月28日 更新日:




レゴランド名古屋港を宣伝する時、「リゾート」の言葉は使わないでしょうね。
東京ディズニーリゾートをライバル視してそんなことを言っているわけではないよ。

名古屋市は港区金城ふ頭の開発コンセプトに「モノづくり文化交流拠点」を掲げていた。
海=リゾートの単純イメージではない、レゴランドを名古屋港に誘致したのも、
レゴランドがモノづくりの楽しみに特化したテーマパークだからこそ。

知育玩具で有名なレゴブロックをメインにしたテーマパーク・レゴランド名古屋港。
もちろん、モノづくりというテーマにピッタリじゃないか。

レゴランド名古屋港

愛知県がトヨタをはじめとする自動車産業の世界的な中心であるのは言うまでもない。
JR東海の「リニア・鉄道館」があって、リニアモーターカーが名古屋駅を通ることも決まっている。

三菱の国産飛行機だって愛知県で造られる予定なのだ。
レゴランド名古屋港の隣には、「メーカーズ・ピア」という商業施設が併設されるそうだ。
名前の通り、モノづくりのメーカーたちの情報発信拠点になるのだろうか。
問題はこれらのモノづくりテーマパークが、ファミリー層のハートをキャッチできるかということ。

リゾートならば幅広い客層に受け入れられるが、実直にまじめを通すモノづくりではどうか。
レゴランド名古屋港とその周辺がリゾートとか遊びに逃げず、コンセプトを貫けば
きっと独特のものができるでしょう、レゴランド名古屋港の開業を楽しみにしている。







Copyright© Memo , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.