長久手イケアへはモノレールで行こう、長久手リニモ駅へ

投稿日:2013年10月28日 更新日:




長久手イケアへはモノレールへ乗って行こう
このコンセプトは、愛地球博以来の長久手オリジナルアイディアと知りつつも、
近似値というか、Nealy Closeなものを見つけた

あれは東京の立川へ出張したときのこと、デパートが立ち並ぶ立川駅に驚き、
10年前ぐらいの立川駅の面影が乏しいことで、感傷にふけっていた。
お得意様訪問のため、多摩モノレールに乗るとイケア立川が見えた。

モノレール長久手イケア

何もイケア立川に立ち寄ったわけでもないのに、そのわずかな瞬間だけで、
私にはモノレール+立川イケアの残存イメージが強烈に思えた
イケアというロゴと旗の色使いが御洒落なのは今に始まったことではないが、
そこにモノレールという未知の乗り物、地上でも地下でもなく、
地宙を飛ぶモノレールが隣接しているだけで、何かサイバーシティーを感じた。

だから長久手イケアへもモノレールに乗って行こうと思う。
偶然にもイケアとモノレールが重複した長久手と立川というふたつの街。
長久手リニモという空中の存在と相性の良い長久手イケアであって欲しい。

モノレール長久手イケア

モノレールに乗って日常の食料品をショッピングに行く?
非日常(リニモ)と日常(食料品)のかけ合わせは上手くない。
モノレールに乗って北欧ブランドの家具をショッピングに行く?

非日常(リニモ)と非日常(イケア)のかけ合わせは上手いものだ。
シンクロする2つの非日常が合わさって、なんともいえないお祭り感が醸し出される
それが長久手イケアの楽しさだと、そんなことを考えていた東京出張だった。







Copyright© Memo , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.