イオンモール長久手古戦場・アピタ・IKEAは長久手3本の矢

投稿日:2013年10月28日 更新日:




イオンモール長久手古戦場が、アピタ・IKEAと顧客争奪戦をすると噂されるが、実情は違うでしょ。

一駅一主の作戦で、長久手市とリニアモーター鉄道を盛り上げるのが本来の目的
人気を奪い合ってアピタを潰してやろう!みたいな下衆な狙いはないよ。
杁ヶ池公園駅では、アピタ長久手が2000年から長久手市のお買い物中心役を担ってきてくれた。

長久手古戦場駅には、イオンモール長久手が2016年12月にオープン予定
公園西駅には、IKEA長久手も2016年にオープン予定。
この3本の矢がそれぞれ機能すれば、
長久手市は魅力的な商業施設を持つ名古屋圏内ベットダウンとしての名声が更に高まる。

イオンモール長久手古戦場

長久手古戦場駅に隣接して創られるイオンモール長久手の面積は3.9ヘクタールだとか。
ううむ、これっていわゆるメガモール級ではない。
駅隣接で十二分な土地が手に入らなかったからだろうか?
規模で他地域のショッピングモールを凌駕するインパクトをあえて投入しないのが、イオンモール長久手?

名古屋東部近郊には巨大なイオンモールがないから、欲張って巨大イオンモールを長久手に建てれば
周辺のユニーや地元スーパーを突き放せると予想できるのに、それをやろうとしないイオンモール長久手

「狸や狐の出る場所に出店せよ」というイオンの出店戦略に、長久手古戦場駅の場所は合っているが、
リニモの駅に隣接させるというワザには違和感がある。

やはり地元活性化のためのイオンモール長久手古戦場だよ!
イオンという言葉は、ラテン語で「永遠」を意味するらしい。
3本の矢のひとつとして、長久手市に同列の永遠の繁栄をもたらすためのイオンモール長久手だと信じている。







Copyright© Memo , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.