土岐イオンモール、稼ぎ頭イオンカード金融事業で優位に

投稿日:2018年10月19日 更新日:




クレジットカード事業がキーだ。
小売業・流通としての勝負ではなく、まさかの総合金融事業が、土岐イオンモールの趨勢を決めるだろう。

イオンカード会員(連結会員)4,000万人
なにしろ1980年にジャスコカードとして始まった長いアドバンテージがある。

土岐プレミアム・アウトレットを運営する三菱地所サイモンの三菱地所グループカードはまだ新しすぎて、

カード会員数では桁が1つも2つも違う。

三菱UFJニコスなら3,000万人のカード会員がいるが、ちょっとグループが違う。

カード会員数は定義の切りとりようで数字が動くのだろうが、
イオングループに強みがあることは疑う余地がない。

えっ、土岐イオンモールと三菱地所サイモンのプレミアム・アウトレットは、

相乗効果を狙ったWIN-WINの関係だと思っていた?

そんな甘いものじゃないだろう。
あれはイオンと三菱の金融勝負、舞台はイオンモールやアウトレットに置いているが、

どっちが基軸通貨・基軸カードで金の流れを握れるか。

イオンは金融と不動産を収益の二本柱とするグループだ、断じて流通・小売が主ではない。

表の顔はスーパーマーケット・ショッピングモールだが、懐の金の動きは異なる。

邪推だろうか、そのイオンの二本柱が次のターゲットを探して、

土岐市内で抜群の集客をしている土岐アウトレットに目をつけたという空想。

そのアウトレットでは独自のクレジットカードがあまり広まってなくて、

もしもそこでイオンカードがばらまければ大きなお金の流れを握ることができる。

そのために土岐イオンモールという陣構えをオープンして、協業するように見せつつ、

実はオープン記念としてイオンカード募集のキャンペーンを張り、

アウトレットでショッピングする客にイオンカードを握らせようとしている、という計略。

僕の脳裏では、世界の基軸通貨の利権を争うとするドルと元の勝負、アメリカと中国の通貨バトルが想像しているんだよ。

土岐イオンモールがそんな密命を携えて現れる筈はない?

ただ単に東濃にイオンファンを増やしたいがための方策・土岐イオンモールなのかな。

三菱地所カードを圧倒して、あわよくばそれを吞み込もうとする激流。。。

コストコが年会費を収益の柱とするならば、イオンはイオンカードを柱とする。
それらの柱があるから、商品自体は採算ぎりぎりの値決めができて強い。

ショッピングの基軸通貨となることを狙って、土岐イオンモールは出店するのでは?

土岐イオンモール

「アウトレットの街」に名を変えつつあった岐阜県土岐市。

陶磁器、美濃焼、織部焼で知られた土岐も今は昔。

2004年、平成の市区町村合併では、

周辺の3市1町を呑み込んで拡大しそうだった土岐市。

2005年3月にオープンした土岐アウトレットで実績を上げていった。

14年もの時を経て、アウトレットの街は盟友を得る、それが土岐イオンモールだ。


これからは「アウトレット・イオンモールの土岐の街」として東濃を先駆する。

そうだ、名を残せ、土岐よ。

イオンモール土岐こそ次の契機。

名門・土岐氏は美濃源氏の嫡流だ、桔梗花を家紋とし、

明智光秀・坂本竜馬らを輩出したと聞くね。

中央自動車道と東海環状自動車道という

二つのインフラの美味しいところを占めている。

土岐イオンモールのオープンで、東濃の盟主の座を明らかにすると思うよ。

最強なのはアウトレットとイオンモールとの相乗効果。

1日で両方を回ることが容易にできる距離だし、駐車場も広く確保できる。


「岐阜で一番大きなイオンモールとアウトレット」に留まらず、

東海で一番大きい土岐イオンモール、土岐アウトレット」を名乗るのなら

土岐市が東濃を隆盛させるのはもちろん、

大人しい岐阜城近辺を一気に抜き去って美濃の、

岐阜の主君に返り咲く機会になるのかもしれない。


それも土岐イオンモールのお蔭で。

 

イオンモール土岐は東濃最大規模のイオンモールになるって。


美濃を3分割して、土岐市一帯は「東濃」という地域で呼ばれることがある。

西濃・中濃・東濃それぞれが人口40万に満たない規模、
不思議とイオンモールも分散していて、西濃には大垣イオンモール、
中濃には各務原イオンモール、遅れたが東濃にはイオンモール土岐ができる。

 

土岐プレミアアウトレットがある!と意地を張っていたけど、

正直、イオンモールがなくてさびしかった。

でもこれでイオンモール土岐ができたら対等どころか、一気に形勢逆転

 

だってイオンモール土岐は各務原イオンモールの大きさを上回って、

メガモールのサイズになるって。

土岐プレミアアウトレットからすぐの距離にできるし、賑やかに、華やかになる。

2021年に出店するようなことを聞くので、まだ先のお話だけど、

イオンモール土岐の出店によって、東濃が活気づくのは間違いないようね。

 

週末は、人とビルに混み合った名古屋を離れて、清涼感たっぷりの土岐に来るといいよ。

私もコロラド州デンバーに行ったことがあるけど、

あのデンバーの高地ならでは爽やかな雰囲気

土岐プレミアアウトレットが誇る空気感は、もちろんイオンモール土岐にも共通する。

 

ぷちリゾート感ショッピングのFUN!FUN!FUN!

イオンモール土岐が東濃の顔となって、ひいては美濃の中心になるのが見えるよう。







Copyright© Memo , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.