富山射水コストコ 北陸新幹線開通に合わせ2015年8月前倒しオープン

投稿日:2014年10月22日 更新日:




富山射水コストコのオープンが1年前倒しになった。
当初予定されたオープンは2016年、それが2015年8月22日に前倒しされたのだ。

嬉しいニュースね、東北新幹線の2015年開通に合わせて富山射水コストコも開店。
だが、根暗な僕だからその裏事情を妄想してしまう、厭なクセだ。

富山射水コストコの着工は2015年1月16日なんだ、たったの7カ月でオープン?
日本にコストコは二十数店舗もあれど、これほど短い期間でできたコストコはない
別に建築の不具合は心配していない、安全性に問題はない。

富山射水コストコ北陸新幹線

富山射水コストコがオープンする場所は、射水市が開発する工業団地・小杉インターパーク。
総事業費19億円をかけて合計約13ヘクタールを造成、富山射水コストコはそのうち6ヘクタール・7億円分。

現時点で、残りの土地に進出する意志を示した企業はない
そもそも北陸の中心地・金沢城下町をターゲットとしていない富山射水コストコ。
あっちには野々市コストコが張り付いているし、距離は60kmほど離れている。

富山市40万人、富山県100万人のための富山射水コストコ、北陸新幹線は通過するだけの場所だ
こうして厳密に見て行くと、イメージは良いものの、富山射水コストコの立ち位置は楽観視できない。

それを理解している富山射水コストコは、

①オープンを北陸新幹線開通に合わせる
②北陸コストコダブルオープンのインパクト にぶら下がって、オープン効果の最大化を図ったのではないか

競争入札しているわけでもない小杉インターパーク、ただし高速道路のインターチェンジのすぐ傍。
良いニュースは、悪い材料の裏返しとも言う。
大人の事情で前倒しオープンする富山射水コストコ、ささやかながら僕は応援しているんだよ。







Copyright© Memo , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.