旗艦店としてオープン・ららぽーと東郷、キッザニアは入らず

投稿日:2018年10月16日 更新日:




ブランド・コンセプトの使い分けをするということかな、ららぽーと東郷

中部圏では、静岡県磐田市にしかなかった ららぽーと、ブランド認知度はまだ高くはない。
一方でイオンモールが林立する中部圏、並大抵のことではイオンモールから客は奪取できない。

オープン ららぽーと東郷

まずは新鋭のお洒落イメージの定着化が優先、その先鋒を担うのは愛知県初出店の名古屋港ららぽーとではないか。
その名の通り名古屋市内に出店する名古屋港ららぽーと、街と人が共存していく。
高層マンションやスポーツ施設が隣接して、名古屋港ららぽーとを中心としたお洒落ゾーン・ひとつの街が生れるイメージ

オープン ららぽーと東郷

名古屋港ららぽーとから遅れること2年、名古屋市郊外の東郷町にららぽーと東郷が出店。
名古屋のベッドタウン家族層をごっそり持っていけそうな立地条件

私が空想するに、ららぽーと東郷こそが、ららぽーとが放つイオンモールへの真の対抗馬。
ショッピングモール激戦区に出店するららぽーと東郷、思い切った築城に僕は本気度を見る。

オープン ららぽーと東郷

認知度・ブランド力を植えて育てるのが、名古屋港ららぽーと。
ららぽーとの旗艦店として、本腰を据えてショッピング客を集めるのが、ららぽーと東郷。

私の頭の中ではこのように区別される。
この2つの愛知県ららぽーと出店計画は、吟味を重ねられた戦術にしか見えない。

オープン ららぽーと東郷

そう決め付けていたところ、ららぽーと名古屋港にキッザニアが入る予定があると聞いて迷いが出た。
露払いだなんて誤認だったかな。
主従がどちら? いや、どちらも主であって正副の関係ではないのか。

ところで気になるのは地元のライバルの存在だよ。
そう、名古屋市~日進市~東郷町~みよし市~豊田市にかけては、自動車関係企業にお勤めの中間層の宝庫

ららぽーと東郷は、その個性を示して、アリオ赤池やイオンモール三好を撃破しなくては先がない。

オープン ららぽーと東郷

勝手な素人発想だろうが、こうして考えているだけでも私はららぽーとのファン間違いなし。
イオンモールを愛する一方で、ららぽーと東郷の出店を熱烈歓迎したい気持ちが止められない。

同じ県内、近い年代に2つのららぽーとが同時オープンするのだ。
2つの異なる個性があって然るべきららぽーと東郷がどんな誕生をしてくるのか、空想が止まらない!







Copyright© Memo , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.