豊田市コストコ、100万人商圏の西三河にオープン?

投稿日:2018年10月21日 更新日:




豊田市コストコの可能性を、ぼんやりと空想してみる。
グーグルマップを立ち上げて、方角と距離を調べると他のコストコはこんな感じ。

南西 コストコ常滑 50分 50km
西 コストコ羽島 60分 60km
南東 コストコ浜松 80分 90km
西 コストコ守山 30分 30km

取り巻く環境っていうか、土地と人口はどうだろう。

人口が減る地形
人口が急減する地形
西 名古屋市で人口多し
東海道沿いに人口あり

コストコはすでに西と南の要所を抑えている

東には山と森が広がっていくからビジネスマーケットではない。
北には東美濃が名古屋市圏のベッドタウンとして広がりはある。

豊田市コストコ

・・・・。

踏み込んできたのはコストコ名古屋守山だろう。
名古屋市からもっと郊外にコストコをオープンさせるのではなく、名古屋市内ギリギリに。
もちろん、名古屋市民のニーズに合う出店を叶えるという意味では上々。

だがしかし、豊田市コストコが欲しいワガママからすると、30分30kmの距離はあまりに近い。

共食い、共倒れのリスクなんて、世界的企業であるコストコは取らないだろう。
それだともう諦めてよ、と言われているも同然と思えてしまう豊田市コストコ

西三河の100万人商圏に、豊田市コストコが登場して欲しかった。
もっと北なのかな、豊田市ではなくて、位置的には北がバランスが良いのかな。

瀬戸市の猿投山一帯を越えると、土岐市になって、中央道も通っている。
土岐アウトレットが既にあり、イオンモール土岐の出店も決まっているから、コストコ土岐の行方は定かではないけれど。

そう考えると、豊田市コストコの前に、どこまでいっても場所は行き詰まっている気もする。
商業施設は飽和状態の東海地方、それでも豊田市コストコが実現するか、見極めはできないな。







Copyright© Memo , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.