奈良の大仏 大きさ








奈良の大仏の大きさには圧倒された、と君たちは口を揃える。

その言葉に裏はなく、身長15mの大仏を見上げると信じられない世界。

端正なお顔立ちには手が届かない、雲の上の存在、我々を頂上から見守ってくれる仏様。


我に返ろう、奈良の大仏の大きさの衝撃にどう向き合えばよいのか。

近鉄奈良駅から奈良公園沿いに歩いてきた私は現代の申し子、

都会の高層ビルにオフィスがあり、自宅も高層マンションの一角。

だから日常が大きな・高い場所に慣れている、そんな私は果たして正常だろうか?


奈良の大仏の大きさ


忘れ難い思い出がある、柳生の里から奈良公園へ歩いた時のこと。

奈良への道は幾つかあるが、柳生街道から滝坂の道を通じて春日山へ入った。

定かではないが鎌倉時代からの主要道、今はもちろん粋狂な歩き人しか知らない古道。

全てが手作りだった時代の名残が色濃い柳生街道、大きな建物なんて当然ない。


何時間も山道を歩き通した末、春日大社を経由して東大寺に着いた時の驚きときたら。

「なんて華のある街なんだ・・・」

そして奈良の大仏の大きさに対面したとき、私の驚きは恐怖、あるいは脱力に変わった。


奈良の大仏の大きさ


もう何も考えられない、こんなに大きい人工物、しかもそれが仏像だなんて。

自然界、個々の人間の力では創造が叶わないものが、奈良の大仏の大きさだった。

現代の人間生活の続きで見ても新鮮な奈良の大仏の大きさだが、

昔の生活を疑似体験した後でお逢いする奈良の大仏は、もう夢の向こうの空想物


奈良の大仏を考える、見方を変えればますます大きな大仏だったということ

千年前も、千年後も不変のインパクトがある奈良の大仏の大きさ。