名古屋 LCC








ここ名古屋で繁栄を極めるLCC国内線は、工夫に満ちた航空会社の業。

とにかく商売上手なLCC名古屋、まずは空港アクセスの良さ。

なんと空港まで新幹線が乗り換えなしで直結し、車で行くにも優れた交通網。

LCCに客を奪われるなら、いっそ空港まで運行してしまえ・・・

と逆転の発想でまさかのJRが空港までの乗り入れ、他の日本国内空港では類を見ない利便性の高さ。





空港使用料が安いことで知られるLCC名古屋、それは空港が一大商業施設となっているから。

空港そのものにショッピングモールの機能を並存させ、空港近くにはコストコもある。

週末に遊びに行くなら?と考えると、LCCに乗るわけでもないのに空港に向かってしまうのが名古屋。


こうした空港の底力アップの成果で、LCCは名古屋で就航本数を急増させた。

割引クーポンが大好きな県民性があり、トヨタに代表されるコスト改善の発想で、

お値打ちなLCCは名古屋に浸透し、今では大手航空会社が路線を駆逐されるほどの威力に。


さて、LCC名古屋の黒幕をご紹介するよ。

名古屋生まれのLCC、「LCCイエヤス」こそがこれらの名古屋LCC改革の主。


愛知生まれのイエヤス公、260年も続いた長期政権・徳川幕府の理念。

地方から天下制覇へ、LCCイエヤスが創ろうとする仮想空港物語をこのサイトで語ろう。

LCC国内線は名古屋から爆発的ブームが起こる。