奈良の大仏 大きさ

投稿日:2013年10月21日 更新日:




奈良公園の中心、東大寺の大仏殿におわすは、奈良の大仏様

日本諸国に点在していた国分寺を統一するために造られたのが東大寺。
当時の日本のトップ・聖武天皇が、抗争する勢力を収め、人心を統一するために造った奈良の大仏様

その大きな意志を受けて、造立当時の奈良の大仏様の全身は金色に輝いていた!
奈良の大仏様の大きさを示すための全身ゴールド、なんとありがたい光なのだろうか。

幾度もの焼失・修理を経ている奈良の大仏様だけど、右腋・腹部・両脚部には、
今だに天平時代の部分が残っているというのだから、その長い歴史にひれ伏したい想い。

奈良の大仏大きさ

奈良の大仏様ができてから千三百年の間、一体どれだけの参拝者が、
あの奈良の大仏の大きさ度肝を抜かれ、手を合わせたことだろう

山野を歩いて奈良公園に入ってきた昔の旅人たちが、華々しい東大寺を眩しく感じるのは分かるけど、
指先までデジタル、スマートフォンに無限の情報量を収めた僕たち現代人でも、
東大寺を訪れたら人間の根本的な部分で、奈良の大仏の大きさには魂を打たれてしまう

なんて大きな、なんておおいな存在なんだろうか、奈良の大仏様。

Copyright© Memo , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.